賃貸手続きに必要な書類

賃貸手続きに必要な書類

賃貸手続きに必要な書類

賃貸契約は重要な手続きですので、契約をするにはいろいろと公的な書類が必要になります。賃貸契約をするときに用意しなければならない書類は、その契約物件によって異なります。入居審査に通ったという連絡が不動産屋の担当者からあったときに、契約時にもって来るべき書類に関しての指示があります。基本的に必要なものとしては、現在の住所の住民票、印鑑、身分証明書です。身分証明書はパスポートや運転免許証、健康保険証、学生の場合は学生証などが有効です。印鑑は普通にお店で買える認め印でもいいですが、実印を求められた場合は、実印を用意する必要があります。実印には「印鑑証明書」もセットで必要です。

さらに、収入を証明するものとして「所得証明書」を求められることもあります。「所得証明書」は市町村の役場に行けば有料で発行してもらえます。さらに連帯保証人の所得証明書も必要になることもあります。賃貸契約書には、連帯保証人が住所や氏名などを記入し、印鑑を捺印する欄があります。その欄は連帯保証人自身が記入する必要があるので、契約時に連帯保証人が同行しない場合は、いったん契約書を家に持って帰って、連帯保証人に記入を依頼する必要があります。